整体家 宮腰圭さんをご紹介します。

専門家一覧

整体家
宮腰圭

プロフィール

肩書き 整体家
名前 宮腰圭(ミヤコシケイ)
専門分野 顔面・頭蓋骨矯正、顎関節症、自律神経・不定愁訴、メンタル改善 ダイエット・エクササイズ指導、プロポーション改善
ブログ http://ameblo.jp/facial-practice/外部サイトへ
ホームページ http://www.pelvickm.com外部サイトへ
  • 健康
  • ダイエット

「骨と筋」代表。「アカデミー骨と筋」主宰。

これまで4万人以上の悩みを解決してきた人気整体師。地方や海外からわざわざ訪れる人も多いため、通院できないクライアントのためにセルフメソッドを多数開発。200種類以上もの体操を考案しているため、その圧倒的数の多さから「セルフメソッドの発明王!」と呼ばれています。
開業当初から著名人の来院も多く、第一線で活躍する各界の実力者からも支持を得ています。

1969年秋田県生まれ。50年代のアメリカに憧れ、テネシー州メンフィスでバンド活動に励んだのち、30才のときに音楽で生計を立てる道を断念。一転カイロプラクティックの道を志し、日本カイロプラクティックカレッジに入学。2001年より米国政府公認ドクター中島旻保D.Cのセンターに勤務。2006年に中目黒にて開業し、2010年にはスクール「アカデミー骨と筋」を開校。現在は神楽坂にて整体院「骨と筋」を運営しています。

<著書>
『1日10分歩き方を変えるだけでしつこい肩こりが消える本』(サンマーク出版)
『アゴのゆがみを整えると健康になる』(廣済堂出版)
『TJ MOOK 踏むだけで下腹からやせていく! エアステッパーダイエット』(宝島社)


写真:宮腰圭

コラム

&MEDICAL体験セミナー「便秘解消!ココロもカラダも楽になる 腸にいいこと6選」

2017/08/22

200種類以上のセルフメソッドを発明してきた 宮腰圭が明かす、便秘解消のユニークな方法!

便秘にいいと言われる食べ物をいろいろと試してみたり、適度な運動をしてみたり、便秘薬に頼ったり・・・いろいろ努力してみてもなんともならない便秘の悩み。その原因は自律神経の乱れにあるのかもしれません。

自律神経は、循環器、消化器、呼吸器などの活動を調整するために、24時間働き続けている神経です。腸も自律神経の影響を受けやすい臓器の一つ。体の活動時や昼間に活発になる交感神経と、安静時や夜に活発になる副交感神経があります。その2つのバランスが崩れることを自律神経の乱れといいます。一日中緊張の糸がぴーんと張った状態にある場合は、副交感神経が優位になるようにリラックスした状態を日々の暮らしのなかに意識して取り入れてみるのがおすすめです。ココロとカラダがゆるまると、内臓や腸もゆるくなるので便秘にも効果的なのだそう。

それでも解消できないようなひどい便秘になってしまったら、セルフメソッドの発明王との異名をもつ整体家・宮腰圭さんのオリジナリティあふれるユニークなメソッドで解消しましょう。

今回は自宅で簡単にできる、副交感神経を優位にする2つのメソッドと、溜まってしまった便を出すことに特化した4つのエクササイズ、計6つのメソッドを伝授いたします。

10名だけのアットホームな雰囲気のセミナーですので、その都度ご質問もOK!
日ごろの気になるお悩みや個人的なアドバイスなど、どうぞお気軽にお聞きください。

セミナー概要

【日時】2017年8月29日(火)14:00~15:30
【会場】株式会社ドリーム 東京事務所
    東京都中央区新川2-6-4 新川エフ2ビルディング5階
【交通】東京メトロ 東西線「茅場町」駅徒歩5分、日比谷線「八丁堀」駅徒歩6分

【講師】宮腰 圭(みやこし けい)
【定員】10名
【会費】無料
【服装】当日は体を動かしますので、パンツスタイルの動きやすい服装でお越しください。                        

【お申込み】
参加をご希望の方は、こちらからお申込みをお願いいたします。
★申込み〆切:8月25日(金)まで
★お急ぎの場合は、プロイデア オフィスTel:052-930-6088(担当:西田)までお電話ください。

宮腰圭さん初監修!付録つき下腹やせムック本、8月29日(火)発売!!

宮腰圭さん初の付録つきムック本『TJMOOK 踏むだけで下腹からやせていく! エアステッパーダイエット』(宝島社)が、8月29日(火)に発売になります。

体形の悩みとして多い、ぽっこり下腹。これを解消する手段は腹筋の奥にある大腰筋を鍛えることに尽きます。本書は「エアステッパー」という空気を入れたクッションが付録です。空気を入れ、椅子に座った状態で足で交互に踏むだけ。エアステッパー内の空気の移動によって踏んだ足の反対側の足が上がり、この上がった足に負荷をかけることで、筋トレ効果がグンと高まります。動きは単純ですが、気軽に大腰筋を鍛えることができます。

写真:宮腰圭

このページの先頭へ