睡眠専門医 坪田聡さんの開発商品[かぶって寝るまくら IGLOO(A)]をご紹介します。

開発商品一覧

かぶって寝るまくら IGLOO(A)

安眠を追求したまったく新しい形の寝具

2014年の発売以来、良質な睡眠を求める方たちに大人気だった快眠ドーム『かぶって寝るまくらIGLOO』が、お客様からの再販を熱望する声にお応えして再登場しました。【睡眠負債】への関心も高まる中、快適に眠れる睡眠環境を作り出すドームで、心地よい眠りにつきましょう。

睡眠専門医が考えた快眠ドーム「IGLOO(イグルー)」は、とにかく安眠を突き詰めたまったく新しい寝具です。
安眠に必要な3要素「静音」「遮光」「適度な閉鎖感」を叶えるドーム型で、遮光率は約99.9%(本体外周部の構造を測定)、吸音率は標準的なウレタンの約126%を実現しました。同室や近隣の生活音や気になる光をシャットアウト。理想の入眠環境を実現して、スムーズな寝つき(入眠)をサポートします。ドーム内部は寝返りが打てるほどの広さで、見た目ほどの窮屈感はありません。顔の周りを覆うちょうど良い閉塞感が、包み込まれるような安心感を生み出し、快眠へと誘います。

※枕は付属しません。ふだんお使いの枕をドームの中に入れてお使いください。

写真:かぶって寝るまくら IGLOO(A)

写真:かぶって寝るまくら IGLOO(A)

  • 特許出願中
  • 商品購入ページへ

専門家の想い・企画担当者の想い

専門家の想いや理論を企画担当者がヒアリングさせていただき、同じ方向を目指して商品開発に取り組んでいます。手がける商品にはすべて、格別の想いが詰まっています。専門家と企画担当者の商品開発への想いをご紹介します。

眠りの質をあげる3大ポイント

専門家名:坪田聡
専門分野:その他医療関連

顔周りを覆うことで適度な閉塞感が 生まれ、落ち着いて眠ることができます。

快適に眠る為には、強い光を浴びない事、静かな場所で眠る事、そして顔周りを覆って安心できる適度な閉塞感を出す事が大切です。この「かぶって寝るまくらIGLOO」を使うことで、安眠に必要な環境を手軽に作り出すことができます。

写真:坪田聡

メディア掲載情報

このページの先頭へ